« 罪と罰第5部(2) | トップページ

2011年6月29日 (水)

罪と罰第5部(3)

ペテルブルグに上京したとたん、この男の部屋にずっと居候しているのは、たんにけちくさい節約のためばかりではなかった。 むろんそれがいちばんの理由ではあったが、じつはほかにも理由はあったのである。
かって世話を焼いたことのあるレベジャートニコフについて、彼はまだ田舎にいる時分から、ある噂を耳にしていた。つまりこの男は、きわめて先進的な若い進歩派のひとりで、しかも、ある興味深い伝説的なサークルで重要な役割すら果たしている、というのだ。これには、さすがのルージンもびくついてしまった。なんにでも通じていて、いっさいを軽蔑し、あらゆることを暴きたてるこういった強力なサークルを、ルージンはもうずいぶん前から怖れ、何かとくべつな、それでいておよそつかみどころのない恐怖を感じていたのだった。(亀山訳14ページ)

まえせつ その一。この部分以下、ルージンがレベジャートニコフの部屋に居候する理由を説明している。「若い世代」に「探りを入れ」、「取り入る」ために、レベジャートニコフを「頼みの綱」としたのだ。レベジャートニコフが「そこ」に所属しているのだからそれを利用しようということだ。さて、そうした文の流れの中で、上の亀山訳では一か所、不協和音が響いている。「これには、さすがのルージンもびくついてしまった」である。これだとレベジャートニコフは大きなマイナス材料ということになる。

Это поразило Петра Петровича

поразитьは「ひどく驚かせる」という意味だ。ときには「びくついて」もかまわないが、ここであえてその訳語を選択する理由はない。

まえせつ その二。「なんにでも通じていて」以下の一文、原文では、Вот эти-то мощные, всезнающие・・・「こういった強力な、なんにでも通じている・・・サークルこそ怖れていたものだった」の感じ。ということはだ・・・「なんにでも通じていて、いっさいを軽蔑し云々」は、既に両者(著者と読者)が知っていることを明らかにしているにすぎないことになる。「きわめて先進的な若い進歩派」といっただけで、「興味深い伝説的なサークル」がそのようなサークルであることを(当時の)読者は承知している。

そこで、でげすよ。このサークルのね、修飾語がね、問題なんでげす。

иных любопытных и баснословных кружках

中村訳: ある珍奇な、聞いただけでもびっくりするような団体
工藤訳: ある種の興味ある途方もないサークル
江川訳: よく話題にのぼる現実ばなれした一部のサークル
亀山訳: ある興味深い伝説的なサークル

любопытных:珍奇、興味深いはいいとしましょ。баснословныхでげすよ。ま、「現実ばなれした」でも「伝説的な」でもいいようなものだが・・・正確なところを知りたい。一般論を言えば、「伝説的な」の方が好ましい。まえせつで述べたように、直後にそのサークルの説明みたいなものがある。だから、そのサークルの性質に関わる曖昧な修飾語ではないはずだ。といったところで辞書をみましょうよ。

баснословный: 1 伝説的な、2 途方もない。というわけで、おらとしては「伝説的な」を推奨する。メデタシ!!・・・ところが、あいにく、そうはいかないんだなあ。

「伝説的な」といっても、それは、「伝説によって知られる、遠い遠い昔の」という意味らしい。たとえば、ドストエフスキーは、ホメロスについてこの意味で使っている。とするとですよ、現存するサークルにある種の冠をかぶせるような「伝説的な」でありうるのか? むしろ日本語の「伝説的な」とは重なる部分が少ないのではないか? はて、困ったぞ。

では、「途方もない」か? いや、使用例をみると、途方もない贅沢、信じられない安さ、夢のような稼ぎ、どえらい収穫、とてつもない金(額)・・・火を見るより明らか。ある種の性質をもった単語群を修飾する。決してすることが現実離れしてるとか、途方もないとかの意味でサークルを修飾することはない・・らしい。さて、困った。

「伝説的な」もダメ、「途方もない」もダメ、それでいてほかの意味はない。行き詰まり・・・さいなら~・・・うーむ、もっとよく調べれば答はあるのかねえ。しかし、今ある材料で料理しなければならないとすれば・・・

実は、上には現在使用頻度の高い例をあげたが、ほかにも、蚊の大群とか、アカシアの群生とかも、баснословныйは修飾する。それなら、「サークル」も仲間に入れそう。サークルとは、人数の集まりだから。つまり、баснословных кружкахとは、途方もない多人数の集まりなのである。「大勢力を誇るサークル」とか・・・ってなところで満足することにしましょう。

つけたし。「あらゆることを暴きたてるこういった強力なサークル」。мощный=強力。いや、その通りなんだけど、「強力な」ってのは、強力な薬剤とか、強力なモーターとか、作用がはっきりしていると使いやすいんだけど、突然、「強力なサークル」と言われても、何に対してどう強力なんだか。江川さんは「こわいもの知らずのサークル」と訳してはる。ま、調子だね。が、おらはだね、このмощныйもサークルの図体の大きさを表しているんじゃないかと思う。

つけたし、その二。ゲルツェンのサークルとか、ベリンスキーのサークルとか、 кружки とは、まさしくサークルなんだろうけど、暴きたてるなんてことをするとなると、ちょっと日本語のサークルのイメージを逸脱するかな。

|

« 罪と罰第5部(2) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130904/40443481

この記事へのトラックバック一覧です: 罪と罰第5部(3):

« 罪と罰第5部(2) | トップページ