« 罪と罰第4部(16) | トップページ | 罪と罰第5部(1) »

2011年2月 2日 (水)

罪と罰第4部(17)

本日は、かるーく、ささーっとね。

48 Да послушайте же, Родион Романович, благодетель вы мой, ну вот хоть бы это-то обстоятельство

でも、いいですか、ラスコーリニコフさん、お願いですから、せめてこの話ぐらいは聞いてくださいよ。(亀山訳372ページ)

это-то обстоятельствоって、「この話」? 「この状況」でしょ。これから言うことじゃなく、既にあること。つまり、疑われていると思っているラスコーリニコフが、幻覚じゃないと言い張っているということ。そういった状況が何を意味するかを説明しようとしている。「いいですか、ラスコーリニコフさんねえあなた、少なくともこんなことになってるんですよ」とか。

49 Зачем сами-то вы так к нам напрашиваетесь, из каких причин?

どうしてそう、自分から無理難題をふっかけられるんです、どういう理由です?(亀山訳379ページ)

напрашиватьсяは「無理難題をふっかける」というより、「うるさくせがむ」という感じ。「自分から無理難題」というのはちょっと・・・

50 Ты лжешь и дразнишь меня, чтоб я себя выдал...

「きさま、嘘っぱち並べておれをからかい、口を割らせる気だな・・・・・・」(亀山訳382ページ)

「口を割る」は、白状することだが、выдать себяは、思わず隠していることを表してしまうこと。若干違います。この動詞、396ぺーじにもあって「正体をさらけだす」と訳されている。どうかなあ・・・

51  Где он был сегодня?

昨日の男は? やつはどこに消えてしまったのか? やつは今どこにいる? ポルフィーリーが何か有力な手がかりをにぎっているとしたら、むろん、昨日の男が一枚かんでいるにちがいない(亀山訳397ページ)

一枚かんでいる(これまた亀山先生独特)としたら、ということで:「やつは今日どこにいた?」 過去形。

52 Это вы сказали сегодня Порфирию

「今日、ポルフィーリーに話をしたのはあなただったんですね(亀山訳401ページ)

今日までポルフィーリーは部屋の件を知らなかったと気づいての質問。あとでもう一度「今日ですか?」と訊き直していることから見ても、質問の意図は「あなた?」だけではない。「あなたが今日、ポルフィーリーに話したんですね」とするべき。

あとは・・・わての気のせいかなあ。だとしたら、ご容赦。

★(ポルフィーリー)は多少とも強引すぎるきらいはあったにせよ、あぶなげなく手を打った(亀山訳396ページ)

攻撃一方の側の手をあぶなげないというのはどうかと思いまして・・・

★なぜか彼は、少なくとも今日一日は、ほぼ確実に自分が安全と考えてもいいのだ、という予感がしていた。

亀山先生もご自身の文章ならこうはl書かないと思うのだが。予感がしていた→感じていた。

では、勇躍、3巻へ。

|

« 罪と罰第4部(16) | トップページ | 罪と罰第5部(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130904/38629915

この記事へのトラックバック一覧です: 罪と罰第4部(17):

« 罪と罰第4部(16) | トップページ | 罪と罰第5部(1) »