« ある無神論者の話 | トップページ | 地下室の手記 »

2006年9月22日 (金)

五つのオレンジの煙突

シャーロック・ホームズの冒険の一編、五つのオレンジの種にこんな一節があります。・・・and the wind cried and sobbed like a child in the chimney. 風が煙突の中の子供のように泣いている、ってなところですか。はて、どんな意味かと思ったら、昔は子供が煙突掃除に使われたそうですね。やっぱり泣くんですかね。ウィリアム・ブレークの詩に"The Chimney Sweeper"(煙突掃除夫)というのがあります。下手な訳もつけておきましょう。

A little black thing in the snow,                  
Crying "weep! weep!" in notes of woe!                 
"Where are thy father and mother? Say!"-            
"They are both gone up to the church to pray.      

"Because I was happy upon the heath,                  
And smiled among the winter's snow,             
They clothed me in the clothes of death,         
And taught me to sing the notes of woe.           

"And because I am happy and dance and sing,      
They think they have done me no injury,          
And are gone to praise God and his priest and king,  
Who make up a heaven of our misery."           

小さな黒い生き物が                                         エーんエーんと雪の中                                       悲しい声で泣いている                                        おまえのパパとママはどこ                                      二人一緒に教会へ                                         お祈りをしに行っちゃった

楽しかったよヒースでは                                         冬の雪に笑ってた・・・だから                                      二人はぼくに死の服着せて                                      悲しい歌を教えてくれた

二人がぼくを傷つけた?                                          楽しく踊って歌うぼくを                                             二人はそうは思ってないよ                                          だから二人はほめに行ったよ                                          悲惨な楽園作ってくれた                                          神と司祭と王様を

|

« ある無神論者の話 | トップページ | 地下室の手記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五つのオレンジの煙突:

« ある無神論者の話 | トップページ | 地下室の手記 »