« カラマー族の兄弟分・白痴2 | トップページ | 続・ボヘミア王の妄想 »

2006年8月18日 (金)

ボヘミア王の妄想

ボヘミアンスキャンダルという題名はどうもすわりがよくないようですね。でもいいんだ、誰もいいと言ってくれないからにはこのまま押し通すんだ。

ところで、訳文はここで公開してますのでよろしかったらどうぞ。ご意見、ご感想がありましたらお寄せくださればありがたいです。

さて、この物語の最大の謎は(といっても事件そのものには一つも謎はないが)、いったいなぜアイリーン・アドラーはボヘミア王を愛したのか、である。すなわち、見たところ、ホームズの言う通り(またボヘミア王も別の意味で言っているが)二人は釣り合わないのである。似合いじゃないのだ。いや、ボヘミア王が夢中になるのはかまわない。しかし、王が先に心変わりし、アイリーン・アドラーが愛するあまり、王の結婚話を壊す以外に何の役にも立たない行動に出るとは。いやはや。

しかし、男と女のことだから・・・それに、ワトソン博士も、恋愛問題はホームズの得意とするところじゃないというような枕を巧みにふって、そこは触れるべからず、か。

いや、アドラー女史(子供の頃読んだのを思い出すなあ。確か『あの女史』とあった。あれは誰の訳でしたか?)を買いかぶるからいけないのかも知れんぞ。そうだ、それほど大したこともないのにホームズが女史を過大評価するものだから、ワトソン博士も便乗して物語をおもしろくするためにホームズの好敵手に仕立ててしまったのである。その原因は--ホームズが女性をばかにしているからである。写真の隠し場所を知るためのトリック、ホームズ自身があんな手を使われたら、あまりに見え透いてる、と気を悪くしそうだ。それにベーカー街の玄関先で「おやすみなさい、シャーロック・ホームズさん」と声をかけられ、「あの声は前に聞いたことがある」、ですか?だってあなた、牧師さんの扮装をしてるんでしょう、誰にわかるはずがありますか。少しはおかしいと思ったっていいだろう。つまり、気楽にことに当たりすぎて脇が甘いのである。そしてばかにしていた反動で、あの女史と奉ることになるのである。もう一つ、ホームズは失敗した悔しさに相手を称えたのである。

ワトソン博士はそういうことはよくわかっている。ホームズをちょっとからかってやりたくて失敗譚にもかかわらず、これを短編集の最初の一編としたのだ。それからワトソン博士は冒頭の段落で女史をこう呼んでいる、the late Irene Adler, of dubious and questionable memory。コンマ以下のところが私にはよくわからないのだが、これは死者の名の後につける常套句、of blessed/glorious memoryをもじったのだろう。直訳すると『死後の名声怪しき』みたいになってしまうが、とにかく、これから物語の主役ともなろうかという人につける文句としてはいかがわしい。そこで、うまく訳出できなかった腹いせに、これはワトソン博士がホームズの女史に対する賞賛にいささか疑念を抱いている証拠と見ることにしたい(お断りする必要もないと思うが、むろんでたらめである。)

とはいえ、アイリーン・アドラーはいい人である。ホームズの無法な行為を責めもせず、ホームズの『顔を立てて』ヨーロッパへ逃げ出すのである。ボヘミア王には結婚の邪魔はしないと言い、めでたしめでたし。もっと意地悪なこともできたのに、ホームズに恥をかかすこともできたのに、そうしなかった。フェアな人である。しかも、やはり頭がいい。ホームズの行動を予想したのである。してみると・・・破れかぶれでボヘミア王に脅しをかけることなど・・・断じてありえない。

そこで浮上するのが、『ボヘミア王の妄想』説である。--以下、後日。

|

« カラマー族の兄弟分・白痴2 | トップページ | 続・ボヘミア王の妄想 »

コメント

私が子供の頃にホームズを読んだときには「醜聞」も「まだら」も「緋色」も意味わからないまま読んでいました…。私にはそれが神秘的でしたけど、意味がわからなくて読む気をなくしてしまう人もいるでしょうし、翻訳って難しいですね。
「ボヘミアの」とせずに「ボヘミアン」とされたのもワケありですか?
私はつい先ごろまで単に依頼人がボヘミア人だから、としか思っていなかったのですが、原文ではボヘミアンやホームズとも意味を掛けているようですねぇ。こういう言葉遊び的な含みって翻訳する人は苦労されると思うのですが。

投稿: ぐうたらぅ | 2007年2月11日 (日) 13時00分

コメントありがとうございます。醜聞は古い、とか書きましたが、「神秘的」であることも大事ですよね。特に子供には意味もわからず覚えこんだ言葉のほうが深く印象に残るかもしれません。ボヘミアン・スキャンダルは軽すぎますかね。「ボヘミアン」としたのはほぼ語感だけです。
言葉遊びを日本語に移すのは無理なことが多いようです。ま、いずれにしろ私はそのレベルにはありません。原文の気分だけでも出せるようになれば、とは思うのですが。

投稿: coderati | 2007年2月11日 (日) 15時15分

お返事ありがとうございます。「ボヘミアン・スキャンダル」は思い切った訳だなと最初は思いましたが、考えてみると「醜聞」はもう今の時代では通じないでしょうし、「ボヘミアン」という言葉に対するイメージとしては、むしろ軽めの方が正しい訳なのかも。
王は身分違いだからアイリーンが結婚対象じゃないだけで別れても名残惜しいのでは? アイリーンの方はノートンを愛するまでは王をそれなりに愛していて捨てられたことを恨んだかもしれませんが、もうどうでもよくなっていたのではないでしょうか。

投稿: ぐうたらぅ | 2007年2月11日 (日) 22時24分

そうですねえ。いくら知的な女性とは言っても生身の人間ですから、どんな男を好きになるかは・・・それにしても、ホームズがあまりに王をコケにしているようなので・・・とはいえ、ホームズもちゃっかり(しっかり?)王から金の煙草入れなんかもらってるんですねえ。

投稿: coderati | 2007年2月12日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミア王の妄想:

» シャーロック・ホームズのなかじきり [翻訳blog]
これまで載せたもの翻訳(1) T・S・エリオットのホームズ論(2) S・C・ロ [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 20時54分

« カラマー族の兄弟分・白痴2 | トップページ | 続・ボヘミア王の妄想 »